Calendar Information HNMA

29 12 2008

当医師会主催(および関連)行事を会員へ通知するツールとして、約10ヶ月間( 2008/2/25 – 2008/12/28 )”Google Apps for 独自ドメイン” のカレンダー機能も利用していましたが、今月から( 2008/12/7 – )、クラウド・コンピューティングによる通知方法を各種携帯キャリア対応「EasyPIM for JPmobile」BETA版に変更しました。また、希望会員には個人のGoogle アカウント(または Google Apps )のために インポート用icsファイルも提供し対応しています。
これらウェブツールは20年度から情報委員会で正式に運用しています。





USBメモリーウイルス対策

24 12 2008

Windows 2000Pro, XP, Vistaでは、USB メモリーを差し込んだだけでフォルダが開いてしまいますので、必ず
 Shift キーを押しながら、USB メモリーを挿入します
すでにMAL_OTORUN、W32/Autorun、REVOウイルスなどに感染したパソコンは、隠しファイルを表示できないように操られていますので、ウイルススキャンでUSB メモリー内のファイルを手動検索します(パソコンに詳しい方以外へ)。
カスペルスキー Kaspersky Lab
無料オンラインウイルススキャン(ファイルスキャナ)
 http://www.kaspersky.co.jp/scanforvirus/
などでは、USBの中の不正ファイル、フォルダは表示しませんので、感染していないものと誤認します。
たとえば、医療機関においても問題となっているREVO ウイルス(**vo.exe)
 autorun.inf
 desktop.exe
 folder.exe
 desktop2.exe
USBメモリー内にフォルダ名「autorun.inf」の新規フォルダを作成してみます。USBメモリーにすでにautorun.infがあれば感染ですので、直ちにUSBを取り外して、パソコンをネットワークから切り離し、使用中止です(OSのクリーン再インストールがベターのようです)。
autorun.infなどはないものの、怪しいファイルがあれば、ファイルスキャナを行って下さい。判定結果が直ちに表示されます。

参考ページ
「USBメモリウイルスが増加、先祖返りする感染手法」
2007/07/03
 http://www.atmarkit.co.jp/news/200707/03/ipa.html

その他の参照ページ
 http://jp.trendmicro.com/jp/threat/solutions/usb/
 http://blog.trendmicro.co.jp/archives/2334
 http://www.ipa.go.jp/security/txt/2008/12outline.html
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0811/05/news047.html
 http://www.sic.med.tohoku.ac.jp/mednet-admin/doc/antivirus/revo.html
 http://www.prevx.com/filenames/X1251928713601190008-47844414/REVO.EXE.html

ウイルス対策機能搭載 USBメモリ
(例)
 http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/25/21975.html

メモリーカード経由のウイルス感染にもご注意下さい。
 http://www.asahi.com/national/update/1217/TKY200812170009.html?ref=goo
asahi.com 2008年12月17日8時22分
東京のJR立川駅北口にある家電量販店「ビックカメラ立川店」に設置されていた富士フイルム開発の写真プリント注文機「オーダーキャッチャー」1台が「ワーム型」ウイルスに感染しいたため、デジカメ画像のプリント注文のためメモリーカードを挿入した利用者に感染が広がっていたそうです。





Google Apps – Standard Edition利用(2008-01-25)

19 12 2008

2008年1月25日、独自ドメインによる Google Apps – Standard Edition を補助的に利用開始(会員限定)。2007-02-25以降、Gmailの稼働状況などを調査していた。現在(2008-12-19)複数ドメインにて活用中。





「EasyPIM for JPmobile」利用開始(2008-12-07)

19 12 2008

全会員は当医師会の行事・事業予定を各種携帯キャリアで簡単に閲覧等できます。
米Googleは2008年3月7日「Google App Engine」を公開し、クラウド・コンピューティングに本格的に参入しましたが、早くも(2008/11/11)国内のIT企業がGoogle Appsと連携したウェブサービスを開始しました。
  http://www.i3-systems.com/





感染症情報 on Twitter(2008-10-25)

19 12 2008

Web 2.0 技術を利用し情報配信を続けておりますが、携帯キャリアによるアクセスが多いウェブサイトについては、ミニブログサービス Twitter などをブログパーツとして組み込んで、一般ネット利用者に対して当地域の感染症情報を提供しております。
休日当番医情報および感染症情報 白山ののいち医師会
 http://podcast.hakusan-nonoichi.ishikawa.med.or.jp/twitter.html
本日(2008-10-25)から、正式運用となります。
石川県[白山市 野々市町]の[東 西 南 北・・]部の[ ]科
からの報告として、Twitterに投稿しますので、感染症情報がありましたら、ご一報お願いいたします。
一回の”Twitter”の文字数は140字以内です。メールまたはメーリングリストで情報提供お願いいたします(「Twitter情報」と書いて下さい)。
Twitter試行は「石川県白山市、野々市町および近隣の小児感染症(2008年10月24日)」で行いました。

※ ブログパーツとしての活用
麻しん、世界の感染症関連(2008年7月20日から)
ブログタイトル「麻しん(はしか)」
 http://www.hashika.net/twitter_hashika.html

参照ページ
 http://www.fcw.com/online/news/154006-1.html
米議会議員は個人、商用、キャンペーン関連でなく公務目的であれば、YouTubeやTwitterなどのサイトを使って、外部ウェブサイトへの情報投稿が可能となった(米国下院運営委員会可決)。





麻疹排除 – Twitter 利用(2008-07-21)

19 12 2008

麻疹排除キャンペーンをウェブ上で効果的に行うために、中・高校生がよく利用しているコミュニケーション・ツールに医療提供者が入り込むことからはじめました。
第2弾 Twitter ミニブログ による”つぶやき”配信
 http://twitter.com/hashika
(2008年7月21日開設)
日本には数十万人のユーザーがいます。

参照ページ
「Twitter日本語版スタート トヨタが広告出稿 – ITmedia News」
 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0804/23/news070.html
「オバマもNASAも利用! つぶやきブログ「twitter」の魔力|ビジネスモデルの破壊者たち|ダイヤモンド・オンライン」
 http://diamond.jp/series/beyond_valley/10004/





麻疹排除 – YouTube 利用(2008-03-19)

19 12 2008

麻疹排除キャンペーンをウェブ上で効果的に行うために、中・高校生がよく利用しているコミュニケーション・ツールに医療提供者が入り込むことからはじめました。
第一弾 YouTubeによる動画配信 / 「YouTube 日本語版サイト」による医療情報提供
当医師会情報ネットワーク委員の先生方(石川はしかゼロ作戦委員会メンバー)が国立感染症研究所にお願いして、2008年3月18日アップロード。
再生回数(2008年7月21日時点):
【はしか】から身を守るために(その1)846回
【はしか】から身を守るために(その2)506回
 http://www.hashika.net/2008/03/post-4636.html
ブログ「麻しん(はしか) – YouTube動画の解説ブログ」
2008年3月19日、ドメインマッピング後blog公開
 http://www.hashika.net/

参照ページ
YouTubeの利用経験は49%–マクロミルの動画サイト利用実態調査
 http://www.macromill.com/client/r_data/20070619movie/
 特に、動画コンテンツの認知/利用状況<性・年代別>(n=1036)をご覧下さい。
YouTubeの利用者数が月間1165万人に到達
 http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070704_youtube_netratings/
 http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20351243,00.htm
「YouTubeは若年層ほど認知、利用経験が高かった。特に、15~19才での利用経験は、男性が90%、女性も81%に達しており、若年層に受け入れられている。」
一般的解説ページ(例)
 http://ja.wikipedia.org/wiki/YouTube
 「日本でも2007年12月に自由民主党、社会民主党、日本共産党が相次いで公式チャンネルを開設、政策発信や党の活動状況の情報配信を実施し、若い有権者へのアピールを行っている。」