IPアドレスベースのスパムフィルターについて

26 02 2009

迷惑メール対策のアプライアンス型サーバーなどでは、フリーのDNSBL、RBLを利用するものがあり、このためIPアドレスベースのブロックにより、特定のIPアドレスのメール送信サーバからのメールは非スパムメールであっても、丸ごと不達となりますので、保健医療福祉分野では慎重な採用、運用を希望します。

いつ、どのようなことがきっかけとなり、メール送信サーバーのIPアドレスが
ブラックリスト(DNS BlackList / Realtime Blackhole List / Realtime Blocking List / Realtime Black List RBL)
に登録され、その”とばっちり”を受けるかわかりません。
企業はスパムメールを減らすため、Barracuda Spam Firewall など多層スパムフィルターの最上層(最前層)あたりで、IPアドレスでブロックする制御層を有する機器を好んで使います。
フリーのもので同様に強力なスパムフィルターは、他に
 Spamhaus Databases
  http://www.spamhaus.org/lookup.lasso
など。このタイプはサーバ設置・管理者も知らないで使っていることがあります。
 IP Address Lookup
  ***.***.***.*** is not listed in the SBL

 Barracuda Spam Firewall
 http://www.barracudacentral.org/lookups/ip-reputation
(例)”とばっちり” “まきぞえ”であれば、バラクーダ セントラルへ直接ブラックリスト解除を申請します。
 The ip address ***.***.***.*** is
 not currently listed as “poor”
 on the Barracuda Reputation System.

笊のようなメールサーバーは不正中継として非難されることに異論はないですが、救助を求めようとする非スパムメールなどもブロックする過剰なフィルター実装はいかがなものかと考えます。この点では、GoogleのGmail設定などは高く評価してよいでしょう。
Barracuda Spam Firewallは昨年来、県外の大学医学部、医師会のサーバーでも設置されていることを知り、患者からのインターネットによる問い合わせ時の対処法を工夫してほしいと願っています。

当医師会(プライマリー)メールサーバーのIPアドレス
  ***.***.***.***
参照ページ
ブログタイトル「Web屋のネタ帳」 / エントリー「spamhaus.orgをはじめとするIPアドレスベースのブラックリスト(RBL)を使ってはいけない」
 http://neta.ywcafe.net/000678.html

 http://sourceforge.jp/magazine/08/12/22/0121248
など。

DNSBL(RBL)に登録されたIPアドレス(1-2文字のみ表示)と警告

DNSBL(RBL)登録IPアドレス

DNSBL(RBL)登録IPアドレス





ネットワークと医療連携

23 02 2009

大学病院と診療所の連携促進につながる情報を中心に、UMINサーバーから情報配信したいと考えております。本日、下記のリンク掲載いただきました。
    [Date: Mon, 23 Feb 2009 13:26:28 +0900]
1) UMINホームページ 新着情報(NEW LINK) バックナンバー への掲載
 http://center.umin.ac.jp/newlink-open/index.cgi
2) UMINトップページ新着情報欄 への掲載
 http://www.umin.ac.jp/
3) UMIN新着情報(総合)バックナンバー への掲載
 http://www.umin.ac.jp/new-information/
4) SQUARE/PLAZA -利用団体一覧 その他 への掲載
 http://www.umin.ac.jp/group-hp/#others
5) 団体別: 職能団体等/医師会/郡市区等医師会
 http://www.umin.ac.jp/pro/shokunou/ishikai/shichouson.htm

東京大学医学部「大学病院医療情報ネットワーク UMIN」
新規ホームページ開設申請
 申し込み番号 H0****
 申し込み日  2009/2/10
 開設日    2009/2/10





PHRプラットフォーム

21 02 2009

PHRプラットフォーム(国内正式版、海外ベータ版など)の説明会をこれまでに行った医師会はありませんでしたので、
     Personal Health Record ⇒ 日医 “個人の健康医療情報”
2009年1月26日、株式会社ミュートスが開発した国産初のプラットフォームのデモ、説明会を開催しました(白山ののいちPHR研究会)。
  ブログタイトル「講演会、セミナー等のご案内」
   http://plan.hakusan-nonoichi.ishikawa.med.or.jp/phr/
オンラインPHRについては、Microsoft (2007-10-04 HealthVault)、Google (2008-05-19 Google Health)などがすでにプラットフォームをリリースしています。
政府の「重点計画-2008(H20.8.20)」によると、官製PHR「電子私書箱(仮称)プラットフォーム」、「電子私書箱(仮称)ポータル」は2010年度までに基盤整備を行うことまで決定しています。 
(1) PHRに関する情報提供は今後も続けます。
 白山ののいちPHR研究会
  http://hnma.umin.jp/
HP内会員専用ページで配信中。
  富士通総研 主催(同時通訳付)2009年2月10日(火曜日)
   「日米におけるPHR と医療の近未来図」
   http://jp.fujitsu.com/group/fri/events/conference/conference-18.html
  カンファレンス関連資料をアップロードしました。

(2) 医療機関とのアライアンスについて
  白山市・野々市町のオンライン(インターネット)視聴者数
         15歳以上、自宅、職場からのパソコン経由
  7万人以上と推定できますので、それぞれのクリニックが地域コミュニティー単位で、調剤薬局、株式会社ミュートスなどと提携し、PHRポータルサイトを活用することは可能ではないかと思います。
  ご希望がありましたら、担当者への連絡係となりますので、メールでお知らせ下さい。





保健医療福祉分野PKI認証局

12 02 2009

日本医師会による保健医療福祉分野PKI認証局 Healthcare PKI(HPKI)の実証実験参加を当医師会として2006年度(平成18年度)に申請しましたが、格納可能な属性情報の他、規定、運用等を含めてご検討いただいたものの、2008年度(平成20年度)中に日医認証局が本稼働する運びとなり、実験参加を辞退することに致しました。
2009-02-11開設したウェブサイト
タイトル「白山ののいち医師会 HNMA_UMIN
 http://hnma.umin.jp/
をご覧下さい。





DDoS attack – eNom DNS servers

9 02 2009

2009年1月31日(Pacific Standard Time PST 米・カナダ太平洋標準時刻)、全世界で1100万の顧客(ネット利用者数ではありません)が使用している eNom ネームサーバ(計5台)に対して、DDoS(分散サービス拒否)攻撃が行われたため、DNSが関係するサーバでは様々な障害が発生しました。サーバ担当者から関連性について公表されたわけではありませんが、当医師会の一部のサーバに影響を及ぼしかねない事態にまで至りました(2009-02-09 午後2時時点まで、サーバ障害の発生なし)。
 http://twitter.com/enom/status/1165836952





画像・ドキュメント投稿システム

7 02 2009

画像、ドキュメントを参照・閲覧できるように投稿する(またはメール添付する)方法

(1) メーリングリスト

  電子症例検討会 (eClinical Conference eCC )
   メールの投稿先     略
  メールに添付できます。 添付ファイル上限 約 3.6MB

(2) Google Apps

  URL    http://・・・[PATH]・・/
  画像は新規作成ドキュメントにコピーできます。
  投稿メール本文に上記URLとファイル名を記載して下さい。
  ファイルの種類およびサイズ
  画像[2]参照 https://・・・[PATH]・・/*****.png

(3) アップロード専用サイト (2007年1月1日開設, 09-02-06増設)

  投稿専用サイトで必要事項、記事とともに画像などをアップロード
  いただければ、当方でメーリングリスト配信いたします。
     パソコン環境によって利用できないことがあります。
  アクセス先、ファイルの種類およびサイズ
  画像[3]参照 https://・・・[PATH]・・/*****.png

【注記】
 メール配信先はメーリングリスト登録会員限定です。
 サーバのログイン認証
   ユーザー名 “********” パスワード “********”
 データ等は非公開でお願いいたします。

Google Apps/アップ�ード専用ウェブサイトとU/L可能ファイル

Google Apps/アップロード専用ウェブサイトとU/L可能ファイル





医療関連情報の「静止画+音声」ファイル配信について

4 02 2009

今年(2009年)は、「静止画+音声」ファイルを積極的に情報配信のために利用したいと思います。
一般公開したい情報は「YouTube」などにアップロードします。
非公開情報については、
私(投稿者)のクライアントPCはOS Windowsですので、OSバンドルした
「Windows ムービー メーカー」で編集し、
Windowsメディアビデオ(拡張子 wmv)を作成します。

Macユーザー(および携帯電話)向けとして
「Any Video Converter フリー版」
 http://www.anvsoft.jp/any-video-converter-free.php
などを利用し、主にMPEG-4携帯動画(拡張子 mp4)へファイル変換します。
再生は、
 Windowsメディアビデオ(拡張子 wmv): Windows Media Player など
 MPEG-4携帯動画(拡張子 mp4): QuickTime Player など
でお願いいたします。