システム復元フォルダ- Windows XP

19 06 2009

ウイルス削除時の保護フォルダおよび隠しファイルに対する事前操作

(1) 隠しファイルで作成されたウイルスファイルなどをすべて表示させる
 http://esupport.trendmicro.co.jp/Pages/JP-29035.aspx

(2) Windows XP/Me システム復元フォルダ Drive:\_Restore 内のウイルス駆除
「マイ コンピュータ」⇒「コントロール パネル」⇒「システム」⇒「システムの復元」
   ■すべてのドライブでシステムの復元を無効にする
にチェックを入れます。
[適用] [OK] をクリックし、すべてのドライブが無効になったことを確認します。

別ルート
「スタート」⇒「すべてのプログラム」⇒「アクセサリ」⇒「システムツール」⇒「システムの復元」
でもアクセスできます。
その状態(復元無効)で、再度すべてのドライブ、ファイルのウイルスチェック
 ウイルスバスター2009など
を実行して下さい。
作業完了後、
  □すべてのドライブでシステムの復元を無効にする
のチェックを外してから、[適用] [OK]で終了です。

広告

操作

Information

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中