診療支援ソフト「診療工房」

9 07 2009

2008年12月、「診療工房」バージョン2がリリースされました。
現在、医師会(富山市、都城市、福井市など)所属の複数医療機関とそれぞれの検査センターとの間でネットワーク運用されています。ビュワー機能は一般医療機関向けで、パソコンにインストール後、院内LANだけの環境での利用もできます。

システム開発・サポート「有限会社 シーズプランニング」様によるデモおよび説明会を当医師会にて開催いたします。
 開催予定日 2009年10月26日(月)
ご案内ページ
 2009年度診療支援ソフトウェア説明会
  http://atnd.org/events/1041

日医協参加報告書(2007年作成、一部抜粋)

平成18年度日本医師会医療情報システム協議会(日医協)
 http://www.med.or.jp/japanese/members/info/sys/2006/
は平成19年2月17日(土)、18日(日)開催されました。両日ともに広い会館フロアーがほぼ満席で、参加者総数437名(講師等関係者含む)と正式発表されています。今年度のメインテーマは「より良い国民医療へ向けたITの活用-医療の現場からの声を国民医療へ-」でした。東京都医師会が主管し、平成18年7月、発展的に閉幕したCOMINESの精神「フロアーからの質問時間を多くする」スタイルを採用したため、質疑応答はとても活発でした。
本協議会会場は第1回(昨年度、平成17年度)から日本医師会館と決められており、来年度(平成19年度)の主管医師会は山形県医師会です。

2-5 事例報告
富山市医師会
 診療支援ソフト「診療工房」は検査データのビュワーソフトと画像ファイリングソフトなど。導入費 ***万円以下。検査データや紹介状を暗号化送信するシステム。

日医協での発表:
沖縄県医師会_沖縄県医師会報(2009年5月号)
平成20年度日本医師会医療情報システム協議会
 http://www.okinawa.med.or.jp/activities/kaiho/kaiho_data/2009/200905/006.html
     2009年2月14日(土)15日(日)開催
その他のオンライン記事
富山市医師会
 http://www.toyama.med.or.jp/gunsi/toya/about/jigyou.html
富山市医師会健康管理センター「診療工房」
 http://www.tcma-kenkou.com/sinryoukoubou.html
富山市医師会 診療工房サポートページ(準備中)
 http://tik.jp/
日経ヘルスケア 2009/03号
 http://bizboard.nikkeibp.co.jp/kijiken/summary/20090316/NHC0233H_1416386a.html
 情報パック NEW PRODUCTS/ 検査画像表示ソフト 診療工房バージョン2 ほか

(ブログ投稿者)因みに、第1回日本医師会医療情報システム協議会(平成17年度、2005年11月12日-13日開催)では、ORCAプロジェクトによる日医レセプトソフト、医師会事務局の情報化などが議題となったそうです。

広告

操作

Information

One response

25 09 2009
Action by consent via e-mail « RHIO & HNMA

[…] 診療支援ソフト「診療工房」 […]

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中